コエガタリ

声優ファン歴10年のアラサーが声優さんについて書き殴るブログ

2023年にBLで活躍してほしい声優さん&祝!ブログ開設2周年

約2週間経ってしまったが、祝!ブログ開設2周年ということで、語りたいことを好きなだけ書こう!!!が今回のテーマです。

何を書くか悩んだのですが、去年も書いた「来年BLで活躍してほしい声優さん」について好き勝手書きたいと思います!
自己満&主観まみれの記事です!

阿座上洋平さん

今年、大変お世話になりましたが、来年も引き続きよろしくお願いしたい声優さん。

なんと、今年攻めとしての出演が9作とのこと。さすがに全部は追いきれなかったけど、いろんな役を演じていた印象。個人的には、「夜はともだち」でのお芝居が衝撃でしたね。アニメでもドラマCDでも聞かない、生っぽいんだけどファンタジーというか。未だに上手く表現できないんだけど、強いて言えばノスタルジックという言葉になるのかな。言葉って難しい。

また、受けデビューも果たし、受けポジションとして2作の出演。どちらも濃ゆい絡みがある作品で、少なくとも1~2作目にやるもんじゃないのに、すごい良かったんだなこれが。絡みは熊ちゃんほど上手くはなくて*1、初期特有のぎこちなさはあるんだけど、台詞の言い方が……とても素晴らしい(どうあがいても酷い表現になるので濁した)。特に「甘えたい獣」はハマり役だったと思う。

攻めは十分堪能させてもらったので、受けをもっと聞きたい。アニメキャラに例えると、スプリガンのジャン・ジャックモンドや水星の魔女の愛されキャラ、グエルみたいな比較的声高めのツンデレオラオラ受けが聞きたいです、先生!

鈴木崚汰さん

今年はメイン3作出演。デビュー年である去年の1作に比べると増えたけど、決して多くはない。ただ、男はじによって大きい爪痕を残しましたね。私だけかもしれないけど。

1月の「失恋ジャンキー」を皮切りに攻めでの出演が続くと思ったら、まさかの攻め1、受け2ってマジすか。しかも、来年発売が決まってる新作も攻め1、受け2(片方はリバらしい)だし、一体どうなっているんだ?

とは言え、納得する部分もあって。私、多分崚汰くんの受け刺さるんですよ。というか、男はじで刺さりまくったんですよ!新作はどちらも男前受け要素が強そうで、空良くんとはまったく違うキャラなので、もしかしたら好みと外れるかもしれないけども。いや、崚汰くんは本来男前受けのイメージなんだけどね。

でも、崚汰くんの攻めはもっと聞きたい!食えない飄々とした態度で受けを翻弄する攻めとか!!貴重な攻め人材だなと勝手に思っているので、阿座上さんと共に次の世代を担ってほしいわけですよ(誰目線?)とりあえず、攻めとして出演する「タカラのびいどろ」ではぶっきらぼうな男前先輩を演じるらしく楽しみでしかないので、早いところ発売日を教えてほしい!!!
あと、フィフスアベニューさんはブリラジで崚汰くんが言っていた「共演したい相手は古川さん」を来年こそ実現させてください!!!

小林千晃さん

去年は4作とも受けでの出演でしたが、今年は攻め2、受け2とバランス良く出演。どちらのポジションについても、伸びしろがまだあるなと感じています。私の歴代の推し声帯は、BLのお芝居が自分に刺さらないか、そもそもBLに出ない人ばかりだったので、最初からお上手でどっちのポジションもこなせそうな千晃くんという存在に感謝している。

ただ、個人的には千晃くんは攻めの方が合ってるような気がしなくもない。受けについても、美人受けよりも強気受けで攻めに噛みつくくらい、気が強い役が良いかもと今年の出演作を追ってて感じました。彼いるのフリトで崚汰くんが似たようなことを言っていたけど、声自体にパワーがある上に、お芝居がまっすぐだから意思の強い役が似合うんじゃないかって。「フェイクファクトリップス」も、これから発売の「この手を離さないで」も見事に強気受けだし。

来年発売が決まってる作品は攻めで、まさかの崚汰くんとの再対決でしかもポジションは逆という、彼いるが大好きな身としては沸くしかない案件。オメガバ×ドS(玩具使う)×関西弁×濃厚エロっていう仕上がりが楽しみな役どころだし、一番楽しみなのはフリートークですね。確実に彼いるの話するもん。「2年前同じ作品でデビューして、その時はピュアな作品だったけど、今回ハードな作品で共演するとは」みたいな話するっしょ!?楽しみですね!!!

熊谷健太郎さん

今年受けでの出演ゼロなんて嘘だろ!!!???

 

「熊ちゃんの受けまだ〜?」って言い続けて1年が終わりました。なんでや!!!

6作品も出てるんだから、1作くらい受けがあってもいいじゃんか……。最近発表された新作、2作とも攻めだったな……一つは続編だから仕方ないとして。さすがに来年受けが来なかったら、各制作会社さんに作文を送り付ける害悪なオタクと化してしまう!ほんとにストーリーない作品でもなんでも良いから出してください!!!買うフォロワー何人もいるよ!!!

あまちゃんとの共演と、誠一郎くんのオタクと一緒に切望していた誠一郎くんとの共演が叶ったので、阿座上さんと熊ちゃんの共演も来年叶うと信じて声に出していく!!!ただ、誠一郎くんとの作品は逆が良かったけども!!!

山下誠一郎さん

今年攻めでの出演ゼロなんて嘘だろ!!!???

 

誠一郎くんの攻め強火担フォロワーが、昨年7月の「跪いて愛を問う」以降攻めをやってないって話してて驚きですよ。

今年は3番手の脇役で出演してる印象が強かった。そもそもメインが少なかった!今年、CDの発売数が少ない、かつ、事務所的には後輩の千晃くんを推したかったから、メインでの出演少なかったのかな~と思わなくもないが。

実は少し前に、男はじ8弾のアフターとオルコンを聞いて、あまりにも攻めとしての素質と技術が高くて、強火担フォロワーほどではないけど「なんで攻めでもっと出ないの!?」って憤慨しましたね。キスのSEが職人だし、言い回しが本当にかっこよくて決めるところ決めるんだよ彼は……なぜなんだ。納得のいく説明が聞きたい。

熊ちゃんと同じだけど、ストーリーない作品でも良いので陽キャいじわる年下攻めを所望する。スピンオフ作品が出たら攻めと確定してる作品もいくつかあるようだし、来年それが続々と出たら祭なんだけどな。そろそろ「サハラの隻眼狼」CD化しませんか???

小松昌平さん

今年メインでの出演ゼロなんて嘘だろ!!!???

 

昨年、脇役でエンカウントしまくったので今年はメイン来るんじゃ?と期待してましたが来ませんでしたね!無念!!

現状、期待できるのは「シュガードラッグ2」ですね。1は単行本発売から約半年後にCD化したらしいので、来年の4~6月頃にCD出ないかな~。玉森さんはよっちんのままで頼む。むしろそこが本命。というかそれを見越してオファーしてるはずだし、よっちんはそれを承諾した上で仕事受けてるはずだよね???信じてます!

小松くんについては語りたいことがあるのに大人の事情で難しいのが歯がゆい。一言だけ、ご親戚は攻めも受けも良いから、どっちのポジションでも活躍できると思いますよ!!!

さいごに

後半3人についての、行き場のない思いを発散するために書いたと言っても過言ではない。いや、前半3人は書いていて楽しかったけども!

2年前から数年のブランクを経て本格的にBLCDオタクに戻ってきたんですが、声優オタクからすると、聞きたい声優さんが多いほど楽しめる界隈だと強く思います。フォロワーさんも同じことを言ってた。私は飽き性な性質が良くも悪くも作用して、この10年特定の人を何作か追いかけては離れ、また別の人を追いかけるというのを繰り返しているので、結果的にこの界隈に長いこと居着いてるんだと思う。

もしかしなくても、ここまで熱量高くいろんな人を追いかけてるの、この2年間が初めてな気がする!昔の記憶が薄れていて思い出せてない可能性が高いけど。阿座上さんや千晃くんの世代が卒業したら、さすがに私も一緒に卒業しそうだけど、人生何が起こるか分かりませんからね。買える環境で、買いたいと思える方がいる限りは買い続けていきますよ。

去年も似たようなことを書いた気がするけど、ブログを開設するきっかけをくれたことにも感謝したい。文章書くのが好きというのに気づかせてくれたし、今年に入って「ブログの記事を楽しく読んでる」とか「ブログを読んでCD買った」って声を直接聞くことがあって、心底嬉しかった。

たまたま読んだ人が購入の参考にしてくれたら、とか少しでも笑ってくれたら、という思いもあるけど、基本は自分が書きたいことを書いてるだけの自己満ブログ。でも、やっぱり反応をもらえるのって嬉しいことだなと2年目でも感じました。

3年目もマイペースに更新していきます!

 

しれっと質問箱なるものを設置しているんですが、今回記念の記事でもあるので、URLを貼っておきます。普段あんまりチェックしないので気づかないかもしれませんが、お祝いしてやるかという人がいたらぜひコメントをお寄せください。

peing.net

 

昨年の記事はこちら。

koegatari.hatenadiary.com

 

*1:個人的初受け上手すぎランキング第1位

男はじ15の自己紹介動画の衝撃を吐き出させてくれ

 

昨日、CDジャケットのイラストが公開されてキャッキャしていたら、まさか翌日に自己紹介ムービーを投下されるとは。

ありがとうございます!!!!!

約1分の試聴音声を毎日流す生活から解放してくれて!!!

 

いざ動画を見たら、いろいろと妄想が浮かんできて脳内がごちゃごちゃして、とにかく吐き出したかったので、今まで以上にグダグダ書いていきます。

 

はい、まず、海島先輩の「俺たち付き合ってま~す」って言葉に本気でビックリした「えっ」がいいですね。その後に「そろそろ俺の熱意に心打たれて、付き合いたくなってきたでしょう」ってマインドコントロールしてんのか?っていう言葉も好きです。それに対して「いや、なんねーから」「諦めな」って素っ気なく返す海島先輩で100点。そして極めつけの「俺が諦めたら、先輩、絶対寂しいですよ」でうろたえる先輩~~~!手練手管で落とされるフラグでしかないんだぜ~!!

冒頭から特記事項が多いのよ。

こんなにつれない先輩が、統吾くんに食われたらどうなるのかが気になって仕方ない。最後まで見てもらうと分かるんですけど、この動画ではほとんど統吾くんのことが語られない。だから、彼がどういうタイプの攻めなのか未だに予想が立てられん。どれだけ大きな爆弾を隠し持っているの?

その後に海島先輩の自己紹介が続いて、ゲーム同好会の説明をほぇ~~~と眺めていたら、部室小屋という気になるワードが出現。

男はじというシリーズを追ってれば、というか勘の良い人ならわかりますね。今回のヤリ部屋舞台は部室小屋だと!

おそらくCD本編に入れられないのか、その部室小屋についても丁寧に説明されます。

 

いつでも自由に使える!

教室から遠い!(一番近い校舎から300m)

狭くてボロい!

 

 

……こんなんヤリ部屋にしかならんだろ(小声)

作品自体も発売日同様、季節が冬の設定らしく、電気が通らないらしいので、海島先輩が毛布を持ってくるように統吾くんに頼むんだけど、快諾した後にしれっと「クッションも持っていきますね」って言ってて、完全に準備整えてやがるんだよな……。サンキューって言ってるけどアナタ、そのアイテム使って食われちゃうのよ多分……かわいそうに(棒)

海島先輩が「既成事実」ってワードを使っているのも深読みしてしまって妄想が捗りますよ。統吾くん、既成事実作って先輩のこと落としそうだな(偏見)とは常々思っていたから、ここでワードを出されると確信に変わりそうになるよ。

この映像と、少し前に公開されたSSの情報だけだと、分かりやすいくらいに統吾くんが健気に描かれている。だからこそ、裏があるのが予想できて本当に気になって仕方ない。でも、意外に健気で終わるのか?とも思ったり……はするけど、それで終わったら、統吾くんの自己紹介がちゃんとあるし、「癖強い」「刺激強めなプレイ」なんて公式から書かれないんよ。

根気比べもねぇ……ナニを根気比べするんでしょうねえ!!??ってもうすべてを深読みしだしています。楽しいです。「俺と付き合うって言うまでイかせません」とか言いそう。

動画のコメント欄に、第6弾のカップル好きな人は好きそうって書いてあって、確かに近しいのはそこだなとは思っているんですけど、私の中ではちょっと違うなと思ってて。CD聞かず感想を漁っただけなので、聞いたら自分の中のイメージと全然違うかもしれないんですが。

私、受けにはケツで攻めを抱いてほしいんですよ。かつ、その攻めに初めて抱かれてほしいんですよ。そして攻めには受けのことが大好きで、愛情が重ければ重いほどいい。片想いの時間も長い方が良いし、執着で拗らせて、好きすぎて酷いことしちゃう、それも愛情表現みたいな攻めも結構好きです。統吾くんはおそらく抱いてるであろうドロドロとした感情を微塵も見せず、煮詰めてそうなのでなお良し。

受けには、最初は戸惑ってほしいし、怖くて泣いてもらっていいんだけど、攻めの愛の深さに折れて「しょうがねえな」って抱かれる方を選んでほしいんですよね*1。自ら抱かれる選択をしてほしい。

SSで、海島先輩は統吾くんのことをすでに意識していて、抱く側として統吾くんのことを見ていることに私の性癖カップリングになるのではないか、という可能性を見出したところがある。

 おかしそうに統吾が肩を揺らす。サラサラの黒髪が揺れて、少しだけ幼く見える。形のよい唇はちゃんと手入れされて、ふんわりと紅い。柔らかそうだし、気持ちよさそう。
 オレのことが大好きな、かわいい後輩。
 きっとキスしてやったら少し驚いたような顔して、それから嬉しそうに笑うだろう。それは悪くないように思った。
 やー、でもなあ……。セックス。問題はセックスだ。性行為。抱けなかったら……勃たなかったら、いくら統吾でも傷つくだろーし……。

引用:第15弾ショートストーリー掲載: GINGER BERRY BLOG (sblo.jp)

 

こう思っている相手に抱かれるってマジで最高すぎでは!!!???ワハーーー!!!

 

 

声優さんについても言及しましょう。

この2人、声質が全然違うけど、声にどことなく品があるのが共通してると個人的に思っていて。見た目が派手な海島先輩を伊東さんがやると、彼の頭の良さが声から伝わるし、個人的にはこのクールでダウナーな先輩がどうなるのかがやっぱり気になる。最近買った伊東さん受けのCDの受け芝居が、想像つかないくらい可愛かったんですよ。上手く言えないんだけど、酷いことしがいがある受けボ。刺激強めなプレイ担当の受けキャラに伊東さんをあてた意義を勝手に妄想するなどしています。

佐藤元くんはやっぱり統吾くんのトーンが好きですね!!!息多めのふわっとした感じというか、含みのある言い方とか、あと、ちゃんと攻めとして認識できる喋り方をしているのが良い。本編でどう化けの皮が剝がれるのか楽しみなんだけど、やっぱり絡みのシーンがどんな仕上がりになってるのかは不安の方が大きい。なんせ、初メインだからね〜。いやはや、どうなるのか。

 

14弾に関しては、キャストの話をかなりしていたのに、15弾でビックリするくらいしてないんだけど、14弾って個人的にはキャストがストライクなんですよ。四葉くんも空良くんも普通に好きだけど、阿座上さんと崚汰くんでなければここまでハマってなかったと思う。

逆に、15弾はキャラと関係性が気になっていて、14弾とは違う方向で刺さっているので、15弾はまだ聞いてみないと分からないけど、性癖直撃した場合、5thシーズンが私にとって神シーズンになってしまうので、確実に続編は買います!

 

そして、期待を上げ過ぎると痛い目を見ることも知っているから、これ以上この2人に対して期待値を上げないことにします。

*1:デ王の桐久とか完全にそれ

10~11月イベント感想まとめ

10月から11月にかけて、イベントが続いたので思い出せる限りで感想をまとめました。

王様ジャングルin名古屋(10/23)

昼の1部のみの参加だったので、前日夜に名古屋に前乗りして挑みました!イベント前にモーニングで有名なお店に行ったものの、全然味わえないかつ食後に気分が悪くなるくらいには緊張していました。

イベントの構成は、予定通りトークショーとグッズのお渡し会で、久しぶりにアクリル板なしでのトークショーだったそうです。

トークショー

声出しNGのため、席には音が出せるアイテムが置いてあり、私はお店で店員さんを呼ぶベルでした。他にも自転車のベルとか、カスタネットとかいろいろあって、一斉にそれぞれの音が鳴り出すのが今思うとシュールで面白かった。

テーマはプライベートを深堀りするものが多く、2人のことを詳しく知れました。

3つの言葉で自分を表すならというテーマへの2人の回答はこちら。

祐くん→アホ、M、運転(最後だけ千晃くん)
千晃くん→眠い、けだるい、マッシュ(最後だけ祐くん)

最初に「アホ」って言葉あげるの面白すぎてさすがに声出して笑った。壮馬くんや界人くんみたいな頭の回転が速い人の話についていけず、真顔になるって話、申し訳ないけど想像がつく。
そんな感じなのに、当初は着席してトークする予定だったろうに、後ろの人が見えないんじゃないかって、立ってやりましょうと提案してくれる気遣いもできる人なんですよね~ずるい。そりゃお嫁さんも惚れるわ。

「眠い」「気だるい」ってほぼ同じ言葉なんだけど、多忙ゆえの疲労が垣間見えてちょっと心配になった。イベント前日の夜に、祐くんとスタッフさん交えて夕飯食べに行ったとき、食べながら寝てたらしい(笑)お疲れ様……。

また、特技を披露するテーマへの回答はこちら。

祐くん→即興ソング
千晃くん→縄跳び

即興ソングと聞いて下野さんを思い浮かべたのは私ではないはず。「味噌カツ」「青春」というテーマで2曲歌ってくれて、詳細は覚えてないけど歌がクソ上手かったのは覚えてる。今後、下野さんみたいにイベントで持ちネタにしていくのか気になるところ。(すでにやってる?)

縄跳びだと披露できないから、別のを考える流れになったんだけど、なんとスタッフさんが急ぎ買いに行ってくれて、千晃くんが縄跳びする様をみんなで見守るという謎の時間がありました。千晃くんが縄跳びするのを見るのは最初で最後と言っても過言じゃないと思う。
MCが千晃くんも即興ソングやろうよって言いだした時に、祐くんが必死に「大沢のマネージャーさんが怒るから!」って止めてたので、大沢ほんとに厳しいんだな……と改めて思った。

全編通して、気心知れた2人ならではゆるゆるトークで、雑談を聞かせてもらっている感覚でリラックスして楽しめました。エスケーエイトの続編楽しみです!!!

お渡し会

王様ジャングルの目玉といえば、やっぱりお渡し会。
お渡しされたグッズはこちら。

相変わらず、衣装とヘアメイクが天才。ありがとうございます。
私、千晃くんはあくまで声が好きで、お芝居は見守っている最中、それ以外は興味ないスタイルを貫いていた(つもりだった)んだけど、今回のブロマイドを見て容姿もだいぶ好きだと気づきました……右下のソロ写真好きすぎる。

お渡し会でお話した内容はイベント直後にメモした画像にて。
順番は画像の通り、祐くん千晃くん

増田さんのバースデーイベのことは絶対言おうって決めてて、自分の番までにひたすら脳内で練習してたから無事に伝えられて良かった!目の前で反応を見た限り、ガチでビックリしてて、目をかっぴらいてましたね。表情だけ鮮明に覚えてる(笑)

上目遣いの衝撃で頭真っ白になったの、前回参加した王ジャンの増田さんの時とまったく同じだった。おかげで、千晃くんが何を言っていたのか全然覚えてない。
声と芝居が好きなくだりも絶対伝えたいと思って、こちらも頭の中でひたすら繰り返していたんだけど、「20年ほどファンやってください」発言はトンデモ返答すぎて、接近戦経験がいくらかある私でも上手く対応できなかった……悔しい。

今回の王ジャンに申し込むにあたって、前に記事にもしたんですがそこまでモチベが高かったわけではなく、試しに応募してみたら当たっちゃったから行こうくらいのノリでした。
でも、気になるなら絶対に行った方が良いイベントだなと改めて思いました。地方開催がメインなので、私と同じく関東圏在住の人は交通費が高くついて気軽に参加するのは難しいけど、結果的には後悔しないはず。

私はこういうイベントがあると服や化粧品を買いがちで、今回はコスメデコルテでアイシャドウ・チーク・リップを買いました。

バリバリ手垢とスマホが映っているの、不慣れ感満載でいいですね。
右のアイグロウジェムは指でさっと塗ればなんとなく仕上がるので、お気に入りです。

専修大学学園祭 トークショー(11/6)

友達に写真を見せたら「崚汰くん、THE RAMPAGEにいそう」という個人的に的確な返答がきて笑った。(崚汰くんとTHE RAMPAGE様、ファンの皆様、申し訳ございません)

学祭のトークショーは3年ぶりで、専修大学は今回初めて伺いました。駅から15~20分前後徒歩かつほぼ上り坂という、インドアアラサーには地味に辛い道のりだったけど、久々の大学のキャンパスが懐かしくて疲れが吹っ飛びました。

会場となった講義室がまぁ懐かしくて。
イメージはこのオープンキャンパスの写真。もしかしたらこの部屋だったかもしれない。

www.senshu-u.ac.jp

前から5列目くらいだったので、相当近くでお2人を拝見しました。
内容は、お互いの第一印象、お悩み相談、ゲームコーナー(お絵描きと告白台詞)と、盛りだくさんの1時間半で、学祭のトークショーってこんな豪華だったかってビックリした!

2人は同じ事務所の先輩・後輩コンビで公私共に交流があるのか、かなりくだけた雰囲気でした。大阪の血ゆえの盛り上げるためか天然なのか、おもしろ発言を連発して割と空回っている浦くんに冷静につっこむお兄さんな崚汰くんという図に見えました。

この2人、キャリア的には崚汰くんが先輩で年齢的には浦くんが年上なんだけど、浦くんの新人力というか愛され力が高くて、年上感がまったくなくて面白いし、良い関係性だな~と思いました。

私の中で崚汰くんってなんでもできるスーパーマンみたいな存在で、常々何か弱点はないのかと探って……はいないものの不思議に思っていて。設定と言葉をそれぞれランダムで選んで告白台詞を作るゲームコーナーではさすがに苦戦していて、なぜかほっとした(笑)崚汰くんにも、できないことあったんだって。

お茶の水女子大学 大学学生有志団体カリオペイア主催 トークショー(11/12)

こちらは有形文化財にも登録されている立派な講堂でのトークショーで、座っているだけで身が引き締まる感覚でした。ただ、それを緩和してくれるフランクかつ真面目な内容のトークショーでした。

誠一郎くんが好きで裕介さんも好きなフォロワーさんと一緒に行ったんだけど、千晃くん側の2列目という神引きをしてくれて、おこぼれに預かり千晃くんを近くで拝見できたのがもう感謝しかない。(昨年末のフォアレーゼンでもお世話になった)

元々、2人のラジオである「小林さんのラジオは9番目ぐらいを目指す」を聞いていたのもあって、とっても楽しみにしていたけどやっぱりこの2人の空気感が大好きだなと!

こちらのトークショーも、お互いのプロフィールを見ながら語るコーナーとゲームコーナー、プチ朗読コーナーと盛りだくさん。このプロフィールのコーナーで、私が小学生の頃に流行っていたプロフ帳風のデザインで、内容があんまり入ってこなかった(笑)印刷して配布してほかった!(強欲)

特に印象に残ったのが、時間的に取り上げられなかった、確か憧れの声優さんの名前で、裕介さんが中村悠一さん、千晃くんが藤原啓治さんをあげてて、両者とも意外な名前だったのでよく覚えている。

千晃くんの方は、「最近悪役が良いって言われる」と書いていたので、ヒールと言えばで啓治さんをあげるのは分かるんだけど、裕介さんのゆうきゃんはなんで…???という感情しかなかった。もし理由を知ってる方がいたら教えてください(他力本願)ちなみに、千晃くんがヒールで良いと言われたのはパラライの御子柴くんとのこと。

うん!私もみこしー好き!!

あと、なんの項目か忘れたけど裕介さんの方に「痛がる演技・苦しむ演技が良い」って書いてあってニッコリしました。ただ、私はゲームコーナーで久しぶりにあざと可愛い男の子な裕介さんを浴びて、イベント後それしか思い出せないくらいには、可愛い小林裕介さんも好きだよ……!

 

今年は声優さん関連のイベントの参加予定は現状なく、おそらくW小林のトークショーがラストになると思われます。今年の参加履歴を振り返ってみたら、千晃くん出演のイベントに6回行ってたらしく、意外と行っててビックリした。内訳は朗読劇2、ライブ1、トークショー3で、久しぶりに声優さんのライブに行けて楽しかったな~!

千晃くん以外だと、阿座上さん出演のちる箱や崚汰くん出演の江戸川乱歩の朗読劇が印象強い。振り返ると、トークショーももちろん楽しいんだけど、楽しかったな~で終わってしまうことが多いので、来年はもっと朗読劇に参加してみたいなと思ってます!

 

男はじについて振り返る

最近、直近の14弾にどハマりして、GINGER BERRYさんへの感謝の念を募らせており、その表現として「GINGER BERRYに就職したい」とフォロワーに言ったら爆笑されたあおいです。

とにかく男はじ熱が高まってて、男はじの話をしたかったので、この機会にこれまで自分が聞いた作品を振り返ってみることにしました。聞いたのは本編のみで、afterやオルコンは未聴です。これから発売の15弾についても語ってます。

詳しくはHPをご覧ください。

ginger-records.jp

1st

1stは全カップル聞いたのですが、最後に聞いたのが相当前であんまり覚えてないので、まとめることにしました。

1stで印象強いのは、2弾と3弾。

2弾はとにかく二見先輩を演じる慎ちゃんがめちゃくちゃハマってて、慎ちゃん=受けのイメージを覆した作品でした。あの綺麗な声で志馬ちゃんに言葉責めしまくる慎ちゃんがとても輝いていたのを覚えてます。
ただ、メインディッシュである絡みについては田丸さんが初受けだったこともあり、拙さが目立っていて、聞いてて辛いというか申し訳なさすら感じたので、カップリング的には魅力的ですが、なかなか聞き返せなかったCDだったりします(苦笑)

そこからの3弾は、エイチ先輩演じる興津さんが素晴らしすぎて拍手するくらい感動した。攻めの声が竹内さんなので、高校生ものではなくなっていたけど、それを抜きにすれば最高CD。まず、受けが口は悪いけど面倒見が良い先輩受けな時点で当時の自分の好みにも刺さっていたし、興津さんのSE技術が遺憾なく発揮されていた記憶がある!過去の呟きを遡ってみたら、おそらくフェ…の芝居がすごいって書いてた。

2nd

第5弾(白井×増田)

当時防衛部にハマっており、確実にその層を狙ってきたキャスティングにホイホイされました。このカップリングはとにかく増田さん演じる春惟ちゃんがマ~~~ジで可愛い!増田さんの得意分野である元気な可愛さではなく、ゆるふわ可愛い!!私が知る限り、この増田さんは春惟ちゃんでしか聞けない!!!

だって自分のこと「おにいちゃん」って言うし、喋り方も幼女っぽいし(?)、ちょっと鼻声っぽいのも含めて可愛いからとりあえずキャラ紹介PV見て!!!

 


www.youtube.com

 

PV見てもらうと分かりますが、2人は異母兄弟ですのでご安心を。
攻めのしらいむが初メインで、子どもの頃からおにいちゃんである春惟に好意を持っていたという設定が好みに刺さったのもあって、最初にハマったカップリングはこの2人でしたね。

3rd

第8弾(山下×小林)

この2人が好きなオタクに布教され、発売から数年経った後に聞いたのがこちら。ここはとにかく絡みの白熱っぷりが凄まじい。最初は誠一郎くん演じる八雲が無理やり襲ってきて、プレイも基本強引でSッ気つよつよなんだけど、後半にゆっけさん演じる江純が肉食モードを発揮して八雲を食いにいくのが本番だと思ってる。ゆっけさんの言葉を借りると「ダメの裏にもっとこい」

八雲のこと、キャラデザも性格も刺さらないけど、誠一郎くんが演じることですべて許せるというかカッコイイと思わされてしまう。いじわるな言い回しがグッとくるし、何よりリップ音が素晴らしい。特典CDで、キスの雨を降らせるシーンがあるんだけど、大方、今どこにキスしているのかが分かる。あと、貪るキスが上手い。決める台詞が毎回カッコイイから八雲=カッコイイ攻めという図式が完成されてしまう。

江純演じるゆっけさんは、普段は控えめで敬語で喋る育ちの良い御曹司なのに、絡みになった途端声が甘くなってもっともっととねだるギャップが魅力。八雲はかなりがっつく攻めだと思うんだけど、それに負けない、むしろそれを上回っていくのでゆっけさんの言う通り獣感が凄まじくて、フリトで名乗った後の第一声「つかれた~」に説得力がありましたね。

4th

第13弾(中島×堀江)

こちらもこのカップリングのオタクに布教されてつい最近聞きました。ここは完全に飛び道具枠で、刺さる人は刺さるという前評判がよくわかりました。私にはそこまで刺さらずだったけど、なかなか聞いたことのない尖ったキャラなヨシキと、逆にあてがきかと思うレベルでハマってたホリエルは聞いていて面白かったです。

絡み中に「死ね」って受けに言った時と、特典で大人のおもちゃを使いだした時は、男はじってこんな過激な作品だったか?と面食らいました。なかなか商業BLでは見かけないような組み合わせだったと思います。

5th

第14弾(阿座上×鈴木)

はい、現在の最推しカップリングです。

最近、記事で散々感想を書いたので多くは語りませんが、2人の関係性とキャラ設定、キャスト全部ひっくるめて一番好き。まさか、7年越しに最推しを見つけるとは思わなかったよね。

何回でも語れるので少し語らせてもらうと、四葉演じる阿座上さんはとにかく声がいい。良すぎる。絡みの生々しさがピカイチ。台詞自体はなんてことなくて、人によっては耳から通り抜けてしまう言葉も阿座上さんの低音で囁かれることでもう、ね。

空良演じるりょうたくんは、受けでの絡みがほぼ初めてのクオリティではなく、かつ私にぶっ刺さってしまって、もう神という陳腐な言葉でしか表現ができない。光属性なピュアっ子が快感に弱くて怖がるのが性癖で、震える声やごめんなさいって謝るのも最高すぎてとにかく最高(IQ0)

ここは私が聞いてきた中でも一番スタンダードで王道で、インパクトに欠けるカップルなのに、キャストのお芝居によって作品の魅力が増し増しになってると思います。

第15弾(佐藤(元)×伊東)

発売日が延期になり、良いものを作ってほしいから全然良いと思ったものの、後からガックリきていることに気が付きました。マジで楽しみにしている!!!

暇さえあれば、男はじにおける刺激強めなプレイってなんだろうって考えてます。私はボブゲもやるので、基準がボブゲになっているのもあって予想が立てづらくてですね。

とりあえず、攻めの統吾くんには笑いながら海島くんに酷いことをして、泣かせてほしいです(歪)先輩を落とすためにずっと尽くして優しくしてきたけど、実はずっと酷いことをしたかったって願望があるキャラだったら、おそらくここが最推しになります(ごめんねしばそら)

本当は、試聴で先輩に食べさせたケーキに薬を仕込んで寝かせた先輩を抵抗できないように生徒会室に拘束して、目が覚めた先輩に乗っかりながらあの優しい声で「おはようございます」って微笑んでほしい(一息) 本当は、射〇管理くらいはしてほしい(小声)

佐藤元くんのお芝居を聞いたことがなさすぎて、ここ数日でいろいろと漁っていたんですけど、これを見てドキドキが増しております。

 


www.youtube.com

 

界人くんの画が強すぎるのは置いといて、2回目のダミヘパートがかなり良い感じというか攻め芝居のイメトレがはかどります。というか、元くん、元気っ子か大人しい子が多くて統吾くんに近いキャラが全然見つけられないんですよ(泣)!!!なので永遠にショートPVを聞いてるんですけど、今週もしかしたらロングPVが公開になるかもしれなくて、本当に気が気じゃないです。どうしよう。元くん初メインだからハードルはなるべく下げているつもりだけど、軽々と超えてきたらどうしよう。

 

 

 

……楽しみだなあ!!!!!(考えるのをやめた)

 

 

第5弾のPV見たら、春惟ちゃんがあまりにも可愛くて本編聞き直したくなりました。
あと、他のカップルも勧められているので少しずつ集めていきたいです。

 

男はじ15の試聴の衝撃を吐き出させてくれ

新しいBLCDを聞いたので、久しぶりに感想を書くぞ!と意気込んでいたところにお出しされたこちらに脳内を支配されているあおいです。

 

「金曜日に試聴アップされないかな」と呟いた4分後にツイートされていてもたってもいられず、仕事終わりに帰り道で聞いたんですけど、第一声の「口、開けてくれませんか?」がぶっ刺さって思わず止めた。その後の笑いながらの「どうぞ」も好きだし、海島先輩に「好きになっちゃうじゃん」って言われた後の食い気味の「じゃあ付き合います?」も全ボイスやばくてすでに10回以上再生しました。

佐藤元くんのお芝居をまともに聞いたのはおそらくこのボイコミくらいで、これはこれで可愛いしコメディなお芝居が光るな~と思ってはいました。

 

youtu.be

 

これはそこまで私には刺さらずだったのですが、「ジャックジャンヌ」という作品のボイスが聞ける動画を見て、静かで繊細で穏やかなお芝居は好きだなと思い、BLCDのメインに出演する時に近い役柄で聞けたらいいな~と思っていました。

統吾くんはおそらく近い声だろうけど、イメージは全然できていなくていざ試聴聞いたら、私の好きな声色でありつつも、キャラ紹介にあるロイヤル感があり、かつ、単なる温和な王子様で終わらなさそうな腹にイチモツ抱えているのも感じられてとにかくビックリした!!!(事前に何も情報がなかったらまた感じ方が変わったとは思う)

佐藤くんのお声は、私の認識だとあまり個性はなく、地声や元気っ子はまったくアンテナに引っかからなかったんだけど、こういう系統のトーンすごい刺さるんですよね。何が刺さるんだろう~~~う~~~んと悩んでいた時に「語尾の抜け方が良い」というツイートを見かけて、そ、それだ!!!ってすごい納得した。

男はじ14の感想記事でも触れたけど、これで攻めって本当に未知数で、オラ、すっげえワクワクすっぞ!(悟空) 14弾の崚汰くんも、男はじに参加するなら一途に相手のことを想う寡黙攻めか包容力あるお兄さん攻めあたりでくると思っていたらまさかの光属性の可愛い年下後輩受けっていうトンデモキャスティングかましてきたけど、15弾でも驚かせにくるとは。

さすがに初攻めなのでリードは難しいよなと思ったら、商品説明がコレですよ。

≪ストーリー≫
ジャージ姿にバチバチのピアスで気ままに振る舞う海島漣は、学内でも人気者の生徒会長。
そんな海島先輩に同じ部活の1年生・高江統吾は強い恋愛感情を抱いている。
でも統吾が何度好きだと迫っても、海島先輩は可愛い後輩扱いでまったく相手にしてくれない。
だけどある日、珍しくテンションが低い海島先輩が「慰めてよ」と誘ってきて……!?
第15弾は、癖が強めな個性派カップル!
刺激強めなプレイにご注意☆

https://www.animate-onlineshop.jp/pn/pd/2156422/

 

「刺激強めなプレイ」……だと?

 

いやもうそんなん、統吾くんが海島先輩に酷いことするに決まってるじゃない……試聴ではひたすら優しくて尽くしてるけど、手中におさめたら絶対酷いことするし快感で支配してもう統吾くんなしじゃいられなくなる海島先輩の姿が見えるよ……(妄想)

そしたらおのずと攻めがガツガツいくじゃん?
佐藤くん、本当に大丈夫……?と思っていたら、佐藤くん本人から期待を煽るツイート。

 

す、すごいのぉ?????

期待するよ?????

 

 

……いいんだね?????

 

あと、意外な声だって思ったオタクの感想完全にバレてて笑った。

 

というか私、絶対統吾くん好きなんですよ~~~もうfjs歴10年の第6感が告げている。属性に「粘着」ってワードがあるってことは絶対ヤンデレでしょ???ヤンデレまでいかなくても、確実に先輩への執着心強いでしょ???

 

約10年前、ヤンデレブームの際に人並みに(?)ハマって、ヤンデレ天国BLシリーズを買って聞いていたくらいには、ヤンデレ属性は好きです。

 

www.hobirecords.com

 

先輩以外は友達で、気配り上手で穏やかって絶対に先輩以外に興味がないからこその性質だと思うし、ずっと先輩口説いているっていうのがもうね……試聴でも美味しいケーキ食べさせて、胃袋を掴む魂胆が見えるし、どんな手段を使っても先輩を手に入れたいという気概を彼から感じる……そういうの大好き~~~!
……全然違う方向性でもそれはそれで面白いけれども、と予防線は張っておく。

 

そろそろ受けの伊東さんについて触れます。キャラ絵を見た時に「これ、伊東さん???(困惑)」となったのに、声聞いたら結構ハマってるし、「好きになっちゃうじゃん?」の言い方がめっちゃ良!!??ってなった。最後の語尾の上がり方が可愛くて好き。

伊東さんの受けは1作でほぼ絡みがない作品しか聞いたことがなかったので、心の準備をするために(?)こちらを買って聞いてみたのですが、ま~~~あ良くて。

 

www.b-boy.jp

 

長尺のほぼ絡みのみのトラックがあったので、男はじ前に聞けてちょうど良かったんだけど、私が大好きな泣かせたくなる、虐めたくなる受けボイスなんですよね。前にも書いたように、おそらく今回海島先輩は酷い目に遭うと思うので、そんな役に伊東さんの受けはかなり期待できるんじゃないかって思っています。

佐藤くんが初攻めゆえに伊東さんがかなり重要ポジションなのは間違いないので、もうよろしく頼む……と祈るしかできないんですが、あとはこの2人の相性がどうかですね。14弾の2人の相性がすごく良かったと思うので、嫌でも比較しちゃうだろうな。ただ、こればかりはCDを聞かないと分からない。いや~~~緊張半分楽しみ半分の良い緊張感です。

おそらく来週か再来週にはロングPVが公開され、メインディッシュである絡み部分も一部聞けるはずなので、それを楽しみに1~2週間頑張ります!!!マジでここしばらく、男はじに生かされている。

 

ドラマもだけど、基本的にローテンションな伊東さんとハイテンションな佐藤くんがどんなキャストトークを繰り広げるのか、地味に楽しみです。

 

【プチ体験記】今さらコロナになりました

今更ながらコロナに感染し、今日無事に療養10日目を迎えたあおいです。私はSNSでバズってるツイートで見かけるような重症ではなく、医者にかからず乗り切れるくらいの症状でしたが、それなりにしんどく、せっかくブログをやってるので、愚痴という名の経過メモと、個人的に「あった方がいいもの」「やってよかったこと」を書き残しておくことにします。

経過メモ

発症日

熱は普段と変わらなかったのですが、喉のイガイガがありました。クーラーで喉がイガイガしたと思ったらコロナだった職場の人の話を聞いていたので、出社予定だったところを在宅勤務に変更。在宅で仕事をしていたのですが、次第にだるくなってきて、検温したら16時前に38℃弱まで熱が上がっていたので、事情を話して早退。この日は発熱のだるさと喉の痛みが酷かったです。

療養期間

1日目

2時間おきに目が覚めあまり眠れなかったこともあり、この日は仕事を休みました。昨日頼んでおいた東京都で無料で配布している抗原検査キットが午前中に届いたので、手順を見てやってみたところ結果は陰性。ただ、抗原検査はPCRに比べて精度が低いのは知っていたので、翌日にかけて症状が悪化したらPCRを受けようと思っていました。1日目と症状が変わらず、だるさが軽減されたのでこの日は様子見としました。

2日目

熱が下がってきた一方で、これまでなかった鼻水と乾いた咳が出るようになりました。快方に向かっているのでは?と思い、症状も楽だったので午後から在宅勤務をすることにし、PCRもやめてしまったのですが、ここで判断をミスりました。その日は寒かったからか、22時半頃から鼻づまりと喉の痛みがひどくなってきて、悪寒もするように。とりあえず、家にある漢方を飲んで早めに布団に入りました。

3日目

この日がピークでした。まず、喉が痛くて眠れない!ヒリヒリする痛みで、つばは飲み込めるけど苦行という感じ。おまけに鼻づまりで鼻で呼吸できないので口呼吸するしかなく、息を吸う度辛かった。また、息を吸うとむせるので起きていること自体が地味に辛かった。結局深夜~明け方にかけてろくに寝れなかったので、午前中はひたすら横になってました。布団にくるまっていたので熱がこもって39度近くになった時はさすがに怖くなり、発熱センターに電話。とりあえず様子を見ることにして、カロナールを服用したら熱は下がり、倦怠感も楽になりました。

4日目

熱が下がったので、前日と比べかなり楽になりました。熱によるだるさが消えたからか、鼻づまりもしくは嗅覚・味覚障害による匂いのなさと味がしないことに気が付きました。レトルトのカレーを食べても何も感じなかったです。

5日目

前々日に頼んだ抗原検査キットが届いたので検査してみたら、予想通り陽性。今更かよと思いつつも、東京都陽性者登録センターに申請後、仕事関係の人や数日以内に会う予定にしていた人に陽性になったためリスケにしてほしいと連絡。この日、ようやくまとまった時間眠れました。ちなみに、この日まで外出はしてなかったです。

6日目~現在

6日目以降は喉のイガイガや鼻づまり、嗅覚・味覚の異常以外はもとに戻ってきた感じが徐々にしていたので、寝っぱなしの生活から普通の生活に戻すべく、起きている時間を増やしたり、食事も普通のものに変えていきました。現在は、嗅覚・味覚は半分くらい戻ってきてて、喉のイガイガと鼻づまり、胸の詰まる感じが少し残ってます。
8日目以降は療養解除となったので外で買い物したのですが、呼吸すると1回は空咳が出るのが気になりますね。そのうち消えてくれることを祈る。

あった方が良いもの、やってよかったこと

  • スポーツドリンク
  • ゼリー・アイス
  • レトルト食品(スープ類あると良い)
  • 市販薬
  • のど飴
  • 解熱剤
  • 冷えピタ
  • 日用品の備蓄

風邪やインフルの時にあった方が良いものと変わらないけど、私は喉の痛みが酷かったので、市販薬(喉の痛み止め)とのど飴は激推ししておきたい。私は家になかったので、我慢でどうにか乗り切りました。
あと、少しでもレトルト食品やゼリー、スポドリを備蓄しておいてだいぶ助かったので、元気なうちに準備しておくことを勧める!仕送りを頼めない人はマスト。

やったこととしては、自分がどうなるか分からなかったので、親と東京に住んでる友人数人に状況報告をしてました。連絡がなくなった時に動いてもらうために。幸いにも、連絡がとれなくなるほど症状が悪化することはなかったのですが。
前々から自治体の感染症対策についてチェックしていたのも良かったかも。

後悔したのが、抗原検査キットだけでなく、早めにPCRを受けておけば良かったってことかな。私、今の住居に引っ越して4年目なんだけど、その間内科にかかったことがなくて。つまり、かかりつけ医がなくてそのせいで気軽に連絡できる病院がなくてですね。おまけに、都心ではないのでふらっと入れそうなPCR検査場もなくて億劫になってやめちゃったんですよね。(PCRは無症状じゃないとダメなところが多そうだから、あっても入れなかったかもしれんが)かかりつけ以外でも診てくれる病院はあったので、気にせず連絡して受けさせてもらえれば良かったな、と思いました。

1週間以上だらだらしていたので外出が相当億劫になっていたり、何かをすることへのハードルが上がってるなと感じていますが、気持ちの問題もあると思うので、徐々に前の生活に戻していきたいですね。そのとっかかりとして、この記事の執筆から始めてみました。
来週は王様ジャングルの名古屋遠征も控えていて、当たったからにはいきたいので無理しない程度に頑張るぞ!!!

 

 

余談

最後に、よりによって発症日に投下されたこちらについて触れさせてください。

 

あああああああああああ!!!!!!!!!!

 

当日は、声がかれてて叫べなかったけどようやく叫べるぜ!!!!!

推し声帯×推し声帯が良原作できちゃった!!!!!!

原作は意識朦朧としながらその日のうちに読んだんですが(読むな)、こんな良作が約束されたCD、いいんですか?????

訳ありで孤独を貫いてるけど実は良い子で世話焼きな攻め(CV.阿座上さん)×家庭環境の劣悪さゆえに性格がひん曲がったかわいそうな美人受け(CV.千晃くん)はあまりにも私向け過ぎんだルォ!!!!!?????特に千晃くん演じる雅のビジュアル最高最高最高~~~!!!こういう男が似合う声を持つ千晃くん最高~!(盲目)

 

ありがとうございます!!!!!!!!!!

 

BLCDオタクをやっていてここまで良かったと思ったことはないかもしれんレベルで嬉しいので、いっそ年内でBLCDオタクを止めた方が幸せなのではないかと真剣に悩み始めてます!!!(?)

 

……とまぁこんな感じでかなり元気にはなってきているので、ブログも書いていきます!

「男子高校生、はじめての」第14弾 先輩を好きでいていいですか?

ginger-records.jp

発売日:2022/09/30
出演:阿座上洋平四葉康宏)×鈴木崚汰(金森空良)

ほろあまクールな兄貴分攻め × 健やか愛され後輩受け

 

 

第5弾(白井さん×増田さん)と1,2を争うレベルでキャスト発表で爆沸きした第14弾*1
その模様はこちら↓

koegatari.hatenadiary.com

発表されてからずっと発売を楽しみに生きてきました。仕事の忙しさを乗り切れたのはこれがあったから、と言っても過言じゃない。期待値を上げないようにしようとしても、どうしても期待しちゃう、悶々とした日々を過ごしていました。

いざ聞いたらめっちゃくちゃ良かった!!!!!

良すぎてすでに10回くらい聞いてるんじゃないかってくらい何回もリピってます。キャストさんが特に好きな2人というのはもちろんなんだけど、純粋に四葉くんと空良くんの関係性が好き。

四葉くんはクールで口数がそこまで多くなく、感情表現に乏しいけど根は優しい先輩で、一見兄貴分に思えるんだけど、実際は弟でお兄さんを2年前に亡くしてる過去を持っていて。モテるけど人をちゃんと好きになれなくて、内に寂しさを抱えた冷めた目をしてるんですよ。

そんな四葉くんが空良くんに絆されて、若干弟のような可愛らしさを見せてくるのがたまらんかった!根っからの兄ではなく、お兄ちゃんぶっているのがいい!特典CDのくっついてからの四葉くんが個人的に大好きで、空良くんにちょっといじわるしてからかうのが子どもっぽくてマジで好き!!!

特にエッチに誘う時がちょっとだけ強引なのが良い。この「ちょっと」がポイントで、甘え下手な弟っぽいんだよな。お兄さんが子どもの頃から病気で、親戚から「将来は兄を支えなさい」と言われてきてたと話していたから、弟だけどお兄さんに甘えられなくて、しっかりすることを求められてきたと思うんですよね。

阿座上さんがインタビューで四葉くんのことを「かっこいいだけでなく、可愛いやつ」と表現していたので、それが形になったのがこれなんだな~と聞きながらニコニコしちゃった。

このまま阿座上さんのお芝居について語っていきますが、多分気持ち悪いので閲覧は自己責任でよろしくな!!!

 

まず、第一声の「金森?」から声が良すぎてヒィヒィした。この音域の阿座上さんは他作品で何回か聞いているはずなのに、まったく慣れない。普通に喋ってるだけでそんな状態なのに、囁きが良すぎてやばい。トラック1ラストの「好きだ、金森」のウィスパーボイス、腰砕けるから必聴!!!

トラック2は男はじ恒例まるまる絡みトラックなんで、そういったお芝居に言及するよ!!!

空良くんが初めてだから、キスの時に「口軽く開けて」とか「鼻で息しろ」ってリードするような言葉かけをするんだけど、なんかさ、空良くんに言ってるのに勝手に私に言われてるように錯覚してきてめちゃくちゃドキドキした(?)それに加えてキスの音がきれいなんですよ……瑞々しい音がする。

阿座上さんの攻め演技全般に言えることなんだけど、私スマートな攻めお芝居がどうもツボで、濃すぎず、薄すぎず、漏れる息が色っぽい、とにかく良い声でいいんです……伝わるかな。小西さんの攻めのお芝居を思い出す。

絡み中のちょっと言葉攻めっぽいいじわるな言い回しがちょうどいい塩梅で最高だから聞いてくれ!私に言語化は無理だ!!声が好きすぎて頭がバカになってしまうんだ!!!
実はキスSEを若干心配していたんだけど、tkb舐めてるところと耳舐めてるのが音だけでも分かって、上達されてる~~~~!!!???ってなった。感謝。

あと!あと!!ラストスパートで空良くんが天然で煽ることを言ってきたときにお約束で激しくするんだけど、基本吐息だけだったのに息が荒くなって余裕のない声も入るのがめ~~~~っちゃ好き!!!「イけよ」もマジでクッソかっこいいから本当に聞いてほしい。

絡みに関してはアニメイト特典のCDが最高です。家に誰もいない四葉くんの部屋でっていうド定番のシチュエーションなんだけど、他愛ない話をする空良くんをエッチに誘う時の「じゃあ……しよ」が何回聞いてもドキドキするのよ!今まさに聞き直して食らったよ!!空良くんがドギマギして他愛ない話をし始めて、最後に「最近一番楽しかったことは?」って聞くんだけど、狙ったかのように悪い声で「空良とセッ…したこと」って言うくだりがお気に入り。

フェ…する空良くんの股間を足で踏んで興奮してるのか確認するのが本当にいじわるで好き(一息)。でも、本当は空良くんの頭抑えてガンガン突きたいだろうに少しやらせて止めさせてあげるの優しいよな~~~強引になりきれないところ好き。ゴムつける時に、前回つけないでやったこと謝ってくれるの優しいな!?って思っちゃった。

絡みで特に頭沸いたのが、イっちゃった空良くんの出したやつを舐めるシーンがあって、その時のSEが超~~~~~エロい。その後の「今度、俺の飲んでみる?」までセットでやばいから聞いて。私は発狂した。

最後に、阿座上さんの今作で一番好きだったお芝居について語らせてほしい。
アフターストーリーにあたるトラック3なんですけど、四葉くんの家で空良くんに死んだお兄さんの話をするんですね。四葉くんは病気を患っていたお兄さんに対して、不満を持っていて、亡くなってから大切さに気付いたって話をして、でも兄想いじゃなかったから自分に悲しむ権利はないって、後悔している様子で。

そんな四葉くんを見て空良くんが代わりに泣くっていう本当に男はじなのかって思うくらいの感動シーン(失礼)があるんですよ。そんな空良くんに初めて「空良」って呼ぶ時の声色が慈愛に満ちていて、その後に「好きだ」って続くのが大好きで!!!ここの声が、ここまで聞いたことのないやさしさと柔らかさなのが分かって本当に好きなんです。

 

四葉くんについて予想以上に語ったところで、空良くん。

可愛いがすぎてもはや尊い

最初に2人のキャラデザと設定を見た時、ぶっちゃけポジション逆なら良かったのにって思った。年下かつワンコ属性は攻めであってほしいので、可愛いとは思いつつもそこまで好きではなかったんだけど、いざ聞いたら受けで良かったと思った。空良くんは性格や家庭環境もあって下ネタに疎くて、ピュア可愛いんだけど、だからこその天然煽りをかます感じやすい子になるギャップがたまらん!!!

ずっと片想いしてる四葉くんと部室で2人きりになって、意識しすぎて反応してしまったムスコを見られるというのが物語の発端。慰め方が分からないからと四葉くんに教えてもらう流れになる……というツッコミどころ満載な流れなんだけど、出した後に四葉くんが多分可愛いと思ったのか、不意打ちでキスするんですよ。その後の「先輩…ダメです」がクソクソクソ可愛くてハァ!?って声に出た。「恋人でもないのに、キスは困ります」ってお兄ちゃんっぽくムッとした声で言うのもクッソ可愛いんだ、信じてくれ。

ちょっとディスク2からは崚汰くんの話をします!!!
崚汰くんメインのBLCDはすべてチェック済ですが、受けはほぼ絡みがない1作のみでガッツリ絡みシーンをやったことないんですよ。なのでエロが本編、もはやエロしかない男はじの受けポジションで出るのは楽しみ半分、ドキドキ半分でした。聞き終わって一言。

 

絡み初めてのクオリティではない

 

ん?って思ったのイった時の声くらいじゃないかな。空良くんのままちゃんとドロドロになってる芝居してていよいよ崚汰くんのことが怖くなった。崚汰くんは一体何ができないの??

本編のトラック2の絡みだけでも言及ポイントたくさんよ。まず、身体触られて上擦りつつ、快感で震える声がアホほどエロ可愛い!敏感すぎて「ごめんなさい」って謝るの本当に可愛い!!気持ち良いのか聞かれて「わかんないっ」って震えながら答えるのも(ry

個人的に一番やばかったのは、挿れられてどうか四葉くんに聞かれてちょっと苦しいけど痛くはないって答えた後に、まだ入ってない分を挿れられた後の声と「全部、入ってなかったんだ…」の言い方でした。何かが弾け飛んだ。四葉くんのが身体におさまってると知っておそらく口を抑えながら言ってる「嘘…みたいだ」って台詞も天才の所業だからマジで聞いてくれ!!!!!わたしはここでまたしんだ。終始可愛さにずっとキレてた。

空良くんの悪いところは無自覚で相手を煽ってくるところで、狙わずに四葉くんと私(?)の理性を破壊することを言ってくるのでたまったもんじゃない。
特典で空良くんがフェ…するところで舐めながら「どんどん固くなってきた」って行為にそぐわない無邪気なトーンで言うのが、むしろ背徳感があって、おそらく並の攻めだったら頭掴んでガンガン突かせたと思うから我慢した四葉くんマジ偉い。

と思ったら、四葉くんに「俺の(ムスコ)好きか」って聞かれて、舐めながら恍惚とした声で「好きです(語尾にハート)」って言ったり、ゴムつけるって聞いてちょっと残念そうにしてたり、たまにどエロいの勘弁してほしいよね~~~な!四葉!!(?)「次はちゃんと咥えられるように頑張ります」は続編へのフラグでしかないのでガッツリフェ…楽しみだよな、四葉!!!(??)

空良くん、行為中にキスねだるのも死ぬほど可愛い……と思って挿入したのをほわほわしながら聞いてたらすぐイっちゃう空良くんマジでイケナイ子だよ!!!!!空良くん、tkbがちょっと引っ込んでるらしくtkb責めが度々あるんだけど、いじってないのに立ってるのに気づかれた時の「いやぁ…///」で興奮しすぎてキレた!!!!!!!!

 

……ここまで書いてきて気づいた。私空良くんのこと、純粋にキャラが好きで思い入れがあると思ってたけど、行為中めちゃくちゃエロくなっちゃうのと、崚汰くんの受けのお芝居が性癖直撃コースだから好きなんだ。デ王の桐久と熊肉兄貴と同じじゃないか。。。私、根っからの光属性でエロとは無縁で健全な男が絡みでどエッチに豹変するのが性癖なんだ……そうなんだ……(fjs歴10年初めての気づき)

いやでも、7割くらいは崚汰くんのせいですこれは。絶対許さん!(理不尽)
崚汰くんって、地声は割と低くて、阿座上さんとそこまで変わらないくらいなのに、声の低さと太さを演技でカバーしつつ絡みも演じ切ってるの本当にすごくない???私が盲目なだけ???ツルネで演じているキャラほど声は高くないのに、ちゃんと可愛いんだよな。

あと、特典の絡みで受けのお芝居が仕上がっているように聞こえて、1回目よりも息が合っているように聞こえたのは男はじあるあるな気がする。私の勝手な想像だけど、お2人は多分、お互いのお芝居をちゃんと聞いているからこそ最初から息が合っていたように思う。私には阿座上さんの余裕あるリードに必死に食らいついているように聞こえて、それがキャラクターにマッチしていて良かった。

 

まだまだ書き足りないことがあると思うけど、この記事を書き終えるのに半日以上費やしていて燃え尽きたので終わります。本当はコミコミスタジオ特典のSSの話もしたかった!気が向いたら書くかも。

 

ちょっとだけ、次回の第15弾の話。

 

佐藤元くんBLメインきた~~~!!!!!

 

 

 

……攻め!!!???

 

14弾の崚汰くん受け起用に引き続き、絶対に受けでメインデビューすると思ってた元くんを、まったくイメージがないキャラで攻め起用するGINGERBERRY、痺れる…!!!元くん本人も受けでオファーくると思ったら攻めで来てビックリしてて可愛かった。

男はじ、しかもなかなか癖が強そうな役でデビュー、めちゃくちゃ楽しみです!!!

伊東くんは過去記事で予想に入れてたから起用にはあまり驚かなかったけど、担当キャラが予想外すぎてこちらも楽しみ。

koegatari.hatenadiary.com

地味に3人当ててるのすごいな(自画自賛)
今回でアイム断ってる説が消えたのは朗報!次シーズンに大塚くん起用されるでしょうこれは!今まで、声の低い人に攻め、高い人に受けを振っているように見えたけど、15弾はその法則を破ってきたのも新しい挑戦って感じで良い!!

 

ありがとう、男はじ!!!!!

*1:当時、防衛部のオタクだったので