コエガタリ

声優ファン歴10年のアラサーが声優さんについて書き殴るブログ

ディストピアの王 総括

フルコン直後に感情を吐き出すべく、以下の日記仕立ての記事は書いたのですが、もう少しまとまった総括としての感想を残したいと思います。

 

koegatari.hatenadiary.com

 

ガンガンネタバレしていきますので、閲覧の際はご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

内容

観測範囲のプレイした方みんな声をそろえて言ってるけど、良い意味で予想を裏切られました。主人公の桐久の夢がロックスターになることだったので、全ルートに音楽活動が関わってくるかと思いきや、半数はルートに入った途端音楽活動どころじゃなくなったのは驚いた。だからこそ全ルート飽きずに楽しめたというのはあります。

ただ、ストーリーで何が良いかと聞かれると返答に困るのは私だけでしょうか?自分にとにかくどハマりしたけど、説明を求められると「何が好きなんだろう…?」となるんですよね。確実に言えるのは、真相ルートである李京ルートは本当に面白かった。仕事で疲れていても、先が気になって深夜までプレイしてしまうくらいには。最後の展開も大好きです。トウキョウという守られていて安心な自分が生まれ育った場所、何より両親が大切に守ってきた場所を捨てて、異常気象に見舞われ不便を強いられる未開の地に踏み込むことを選ぶ桐久、本当に好き!両親を殺した憎んでも憎み切れない男の手をとって選ぶのが痺れるというか、シナリオ最高かよ!!!(ドンッ)

もちろん他キャラのGOODも大好きなんですが、ゲームを思い返して出てくるのが軒並みBADなの本当に謎。嘘、もうその理由は分かってる。私は闇の性癖を持ち合わせているから。咎狗の血でケイスケが一番好きだったかつ、彼によってドラッグを用いたシチュに目覚めたので、半左のBADは今となっては好きです。

あと、終始BADみたいな展開が続く李京ルートによって拷問にも萌えを見出すようになりました。元々、苦悶・悲鳴・発狂ボイスを聞くのが好きではあったんですが、拷問自体は痛くてつらいし見たいと思わなかったのに……。プレイ直後は散々酷いだの辛いだの言っていたのに、今となっては「水責めからの絡み最高か?」とシーン集をリピートするようになりました。怖いって?私が一番怖いわ!!!!!

絡みのシチュがたくさんあったのも最高でしたね。先ほどあげた水責めと水明ルートの○○管理は衝撃過ぎて一生忘れないと思います。元々性癖な受けに押されまくる攻めもあるし、ほぼ睡眠姦の李京3回目もあるし、ピアノ前での絡みもあるし、1つ1つの絡みについて力説できる。

スチル

BLゲームはプレイ経験はほぼないものの、レビュー漁りが好きだったので、スチルらしき画像に出くわすことがあり、それなりの数見てきた自負はあるんですが、1番絵が綺麗だと思ったの私だけ?単純に絵が好みなんだと思いますが。

各キャラのENDのスチルと李京ルート全部のスチルに特に気合を感じました。特に半左GOODのスチルが大大大好きで!受けから攻めにキスするシチュだけで最高なんだけど、桐久の方が半左より小さいから見上げているのと、頬に手を添えているのが最高なんですよ!!!!!あと桐久の表情が恋人に向けるそれで、親友でなくなっているのが最高オブ最高だからとりあえずプレイしてみてください!!!

また、絵が綺麗すぎる故に水明BADのスチルを見返せないという弊害もあります。鉄ワイヤーで首絞められてる桐久の顔が私には怖すぎて無理。でも、このスチルの水明がバチクソにかっこよくて大好きなので本当は見返したい……。まだ、ネジをぶっ刺されて顔色の悪い桐久の方が見れる。

機能面

ボイスコレクション機能が神。

普段聞いているCDだと、この台詞聞きたいって思ったら該当のトラックを再生して再生時間に合わせてって作業が必要ですが、1クリックでいいと思ったボイスを保存できるの超絶便利だなって思いました。

おそらく既プレイ勢はみんなやってるでしょうが、好きな系統のボイスを集めたページを作るのが楽しかったです。ちなみに、自分は桐久の喘ぐボイスだけを集めたページを作ったら1ページ(50個)におさまらず、2ページ目を作るハメになりました。いざ連続再生したら気が狂いそうになったので、1回再生するのみで終わっています(笑)他にも、桐久の迷言ボイスページと怒号と号泣、叫びボイスページを作成済です。引かないでください。多分プレイしたら私のようになってますよ!

声優

100点満点のキャスティングでした。みんなキャラに合っていたし、お芝居もうまくて違和感なく物語に没入できたと思います。CDだと、たまにこのキャラにこの声優さんは合ってないだろって思うことがあるんですが、BLゲームのCDを買ってキャラ絵見ると外していないなって思うことが多い。

特に半左の真昼さんと水明の筋肉さんがめちゃくちゃ良くて、お2人とも好きな声質ではないので、これまで可も不可もなくって印象だったんだけど、今作で大好きになってしまいました!

真昼さんは地声よりもだいぶ低いですが、無理して出している感じもなく自然。地声を聞く時にはない響きがあって癖になるのと、元々の柔らかい声質だからか、低いけど威圧感や武骨さがないのも好きでした。いいお兄さん感。あと、囁きボイスがザラメみたいにほろ苦い中に甘さがある感じで好き。囁かれたい。ポジション上、他キャラルートでの登場回数が多いのでファンの方におススメですね。

筋肉さんは地声に近い冷静な敬語と年下相応のツンデレ、突然のオラオラドSの欲張りセットなのでギャップ萌え好きにはたまらないと思います。筋肉さんは過激な作品の受けをたくさんやっているイメージがあったので、攻めはどうだろうって思ってたけどすごく良い。百戦錬磨のバリタチボイスでしたね。あと、自前SEがめっちゃ汁だくなので聞いてほしい。

久喜さんは、実はじっくり声聞いたのが初めてでしたがとにかく良い声でした。ただ、お芝居自体は自分にあまり刺さらず、良さを語れなくて申し訳ないです。

河村さんはもうさすがですとしか言えない。なんの感情もこもってない空っぽの声が上手くて、声だけで怖かった。柔らかくて優しい声だからこそ、李京の底知れなさが引き立ったと思っています。河村さん、声質自体は完全に受け側なのに攻めもハマるからすごい。

脇役に関して言うと、九銛さんすごく良い声だなと思いました。「paradise」のキャスト一覧でお名前を見かけた気がする。雨鯉くん役のネトルさんは、雨鯉くんがボソボソ喋るキャラであまり印象に残ってないので、いつか主演で出演されている「paradise」をプレイしてみたい所存です。ライターさんが同じなので間違いなく自分にハマるでしょうし。

熊肉さんについては単独で記事にしているのでここで事細かに書きませんが、好きを募らせまくっていて、もはや何が好きか分からない信者状態になっています(笑)「paradise」と「悪卵」で攻めとして出演されているので聞いてみたいと思いつつも、桐久が好きすぎていまだに受けしか受け付けない身体になってしまっている。

熊肉さんのおかげでこのゲームが超コスパが良いゲームとなりましたね。CD1枚を4枚買うと13000円ちょいかかりますが、ゲームだと1万以下で買えますから。好きなキャストの総受けで4カプ聞けるのマジ最高。まぁ、特典CD目当てでソフト2つ買ってるし、設定資料集ほしいからいずれ3つ目も買う予定でいるので、結果的には3万くらい払うことに私はなっていますが!

弊害

ゲーム自体に関しては不満点はないんですが、ゲームって座って文字を追っていく必要があるので、仕事がデスクワークの自分にはキツイ部分はありました。ゲームをやっていた時期は特に肩こりと眼精疲労が酷くなりましたね(笑)ちなみに、プレイ前に懸念していた、PCを開いてソフトを起動する流れはもはや苦でもなんでもなく、ルーティンと化しました。座って文字を読む元気がない時はPCをベッドに持ち込んで、シーン集を流して音声だけ聞くという楽しみ方も会得したので、何らかの形でゲームに触れられるようになったので問題なし。

まぁそれは些細な問題なんですが、私にとって重大なのは商業作品のBLCDで物足りなくなってしまったことですね。先月のCDは豊作で聞き返すんですが、その前までは不完全燃焼で終わる作品が続き、CDを聞いた後にデ王の特典CDを聞いてエロを補給しないと寝られなくなり、そんな自分に頭を抱えました。何回も言ってる気がするけど、桐久を超える受けに出会える気がしない!というか、この10年の中で一番の衝撃だったのに、軽々と超える人が現れても困る!それくらい桐久の喘ぎは人を狂わせる破壊力があります。フォロワーさんの言葉を借りると、「エロの暴力で性癖をぐちゃぐちゃにされる」。とんでもないゲームだ本当に。

最後に

とにかく面白かったです!BLゲームの良さに気づけたし、もっといろんなゲームをやってみたいなと思いました。購入の後押しをしてくれたり、プレイを見守ってくれたり、李京のBADの内容を説明してくれたりと、いろんなフォロワーさんに助けられながらフルコンまでこぎつけられて本当に良かったです。今年触れたすべてのコンテンツの中で一番この「ディストピアの王」が好きです!!!

つい最近、アクスタの発売が発表されるなど嬉しいニュースが続いていますが、やはり続編のFDとドラマCDが一番欲しいので、どうにか制作に至ってほしい…!クラファンやってくれたら少し無理してでもお金を出すつもりではいるので、クラファン始まったら教えてください。

 

さて、そろそろデ王だけに浸るだけでなく、別ゲームをプレイしようと思います!!!長らく積んでいた「ラッキードッグ1」をやってみようかなと。ラキドは「咎狗の血」同様、BLの原点な作品で、CDだけ聞いてゲームは途中でやめたっきりでした。できたら年内にフルコンしたい!待ってておくれ、ジャンさん!